「買取大臣」時間がない人や急ぎ現金化したい人におすすめの買取サイト!店舗を持たないので高額査定!

買取大臣の特徴

 

買取大臣では、PC、スマホ、タブレット、CD、DVDから楽器、自転車、ブランド品までおよそ60種類以上の商品を扱う買取サイトです。

買取大臣の特徴としては、店舗を待たず人をなるべく介さないことでコストを抑え、その分を買取価格に反映させることで高額買取を実現し、契約成立の場合には配送料無料で最速当日に買取代金の振り込みが可能、振込手数料も無料となります。

 

買取可能かどうかは、同社のHP上で確認することができ、買取の上限価格もHP上からメーカー名・型番や商品名を入力することで簡単に知ることができます。

ただし、これはあくまで査定上限価格ですから実際の最終査定価格は商品到着後にメールで送られてくることになり、ほとんどのケースでは上限価格からは下がる傾向にあります。

自宅にいながら買取を完了させることができますので、時間がない場合や現金化を急ぎたい場合には検討したい買取おすすめサイトとなります。

 

買取大臣の買取方法

 

買取サイトの買取方法には選べる2つの方法が提供されています。

1.宅配買取・・・自宅から出たくない場合や大きい商品、複数の商品がある場合には便利な方法で集配料は無料です。

2.コンビニ買取・・・急ぎの場合や自宅にいないことが多い方に向いており、商品は着払いで送ります。

いずれの方法で契約しても、送料・査定料・振込手数料ともすべて無料となります。

買取大臣の特徴から考えると、急いで現金化したいケースでは2のコンビニ買取を利用するとよいでしょう。

 

買取大臣の査定額は

 

さて、ここからがメインとなりますが、買取大臣の査定額は他社と比較すると高いのでしょうか安いのでしょうか。

店舗で買い取ってもらう場合には、査定額が納得できない場合にはそのまま持ち帰ることができますが、ネット上の買取サイトの場合には店舗まで出向く必要がないという便利さの代償として、査定額に納得がいかない場合には商品を返送してもらうことになり配送料がかかるケースも多くあります。

便利さに惹かれて、店舗での買取からネット上の買取サイトを利用してみようという方は多いでしょうが、利用してみたら意外な低査定でがっかりしたという人も少なくはないでしょう。

 

買取大臣の場合はどうなのでしょうか。

 

買取大臣の特徴のところでも述べていますが、店舗を持たないなどコストを抑えることで高額査定が可能となりますが、コストを抑えている業者が必ずしも高額査定を出すという理由にはなりません。

高額査定を出せる買取業者の条件としては、まず早期に転売できる買取業者かどうかということが重要で、買取業者は転売により収益を出しますので、在庫期間をなるべく短くして買取価格に上乗せして転売することが必須です。

買取大臣がこの条件を満たしていれば、他社と比較してより高い査定額を出せるでしょうし、そうでなければ他社比で低い査定額が多くなるでしょう。

買取大臣のHPにある会社概要では、会社は合同会社で所在地は東京都大田区のロジスティックセンター内となっています。

ここから判断できるのは小規模事業者で、集配した商品は直接ロジスティックセンターで保管して転売先に配送するというシステムです。

 

また、買取大臣の転売方法としては、ネットオークションを利用してリアルタイムで高い価格で転売するというものですので、転売ルートはほぼオークションのみとなります。

ネット上の買取サイトの場合には、転売先ルートはオークションのみというところが多いのですが、この場合には他社と比較してより高い査定額を出すためには自社の利益を削ったり、固定費をできるだけ抑えることが重要となります。

このような観点から、買取大臣の場合には他の多くのネット上の買取サイト同様に、面倒ではありますが基本的には個人でもできる買取作業の代行を素早く行ってくれる買取業者と考えてよいでしょう。

 

買取大臣が向いている方とは

 

普段から忙しく自宅にはほとんどいないような人で、買取業者を利用したいと考えながらもなかなか時間がなくて利用できていないという人、また、急ぎの資金が必要で一定額以上の査定額であればとにかく早く現金化したいという人には適している買取サイトであると考えられます。

忙しいからといって、買取業者を利用するのを先延ばしにしていると商品価値が徐々に落ちていくことがほとんどですから、使用しないものであればなるべく早く売却するほうがお得ですし、コンビニ買取を利用すれば早ければ当日もしくは翌日には買取代金が振り込まれます。

ただし、PC、スマホ、タブレット、あるいは家電商品などの場合には、それらの商品に特化した買取業者利用のほうが高い査定額は期待できるでしょうし、時間があれば店舗まで出向いたほうが査定額に納得できなかった場合などには安心できます。

買取大臣では、査定額に納得できずに契約不成立の場合には配送料が発生しますので、多少納得はいかなくても売却してしまおうと思えるくらいの商品が適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です